Date:2020 (Total 1 items)

素人でもできるHHKB(Lite)の清掃

2020-05-06 (水)
- 素人思考

君はHHKBを知っているか?

最近はパソコンと言えばノートパソコンが主流なので、キーボードなんてノートPCについているものを「使いづらいなぁ…」などと文句を言いながら、 使っている人がほとんどだと思います。

ノートPCが主流になる前は、デスクトップPCと呼ばれるタワーのような巨大本体が鎮座したPCが一般的だったのですが、その時にはキーボードは 自分で選んで買う部品でした。
文字を打ち込むキーボードという代物は、それこそ様々な工夫を凝らした商品が発売されていて、PCショップを巡るときにキーボードを眺めるだけでも 楽しいものでした。

そんな百花繚乱なキーボード業界の中にHHKB(Happy Hacking Keyboard)という商品がありました。
指が届く範囲に必要最低限の個数しか配置されていないキー。徹底的にこだわった打鍵感。そして強気の価格(笑)

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。

馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学名誉教授 和田英一

HHKB Webサイトより

まさにその通りだ!

ある雑誌には「このキーボードはじゃじゃ馬で使いこなすのは難しい。だが、一度使いこなせばフェラーリのような乗り心地」と書いてあったような 記憶がある。

そんな最高級キーボード。お値段は当時25,000円。

一流のシステムエンジニアを目指すのだったら、キーボードにはこだわらなければならない!(←洗脳)
だが、さすがに25,000円という価格に恐れおののいた。だがそんなHHKBにも廉価版のHHKB Lite(*)があることを知り一念発起して購入。(お値段7,800円)

(*)ちなみにHHKB Liteはとうの昔に生産中止(2001年3月)となっていて、今さら持っている人もほとんどいないと思われます。

……あれから20年。
カウボーイの鞍の例に違わず、今でも現役として活躍中。しかし、さすがに汚れてきました。

今年の1月中旬から始まったコロナコロナの大騒ぎ。仕事は在宅勤務になり外出は自粛。今までの過労死寸前生活が嘘のよう。
突然時間が出来たので、今がチャンスとばかりに15年来の垢を落とすことにしました。
インターネットで調べてみたら、HHKB Liteの分解清掃も自分で出来そうだったので、試しにやってみました。

[ 続きを読む ]

素人思考 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 3 2 1 1

archives & comments

Month

Comments