Date:2006/May (Total 4 items)

起業家精神を見た

2006-05-29 (月)
- 或る日常の風景

元同期で今はめでたく社長なんぞやっているishiiと晩御飯を食べる機会があった。いつもはたいてい便所の落書きのようなどうでも良い話を垂れ流すだけで終わってしまうのですが、今回は珍しく(?)私なりに感銘を受けた内容があったので記録を兼ねて書き連ねておきます。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景 コメント ( 6 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 1 1

続・そして誰も来なくなった

2006-05-26 (金)
- 前会社ネタ

人間"慣れ"とは恐ろしいものです。いつしかこの状態が当たり前であるかのように錯覚してしまい、異常であるこの現実に何の違和感も感じなくなりましたが……。

[ 続きを読む ]

前会社ネタ コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元

スノーボードの帰還

2006-05-22 (月)
- 或る日常の風景

会社に放置状態だったスノーボードの板を自宅に持って帰ることにしました。

今年散財して購入したボード(→「背水の陣」(2006/2/18)参照)ですが、親は私がボードをすることをあまり快く思っておりません。そのためボードを購入したことは国家最高機密に属していたのですが、

会社に保管→会社から出発→会社に帰還→会社に保管→……

というローテーションでなんとか切り抜けてきました。

このまま来シーズン(退職?)まで会社に置きっぱなしに使用と密かに画策していたのですが、周囲から「いつまで置いとくの?」とか「もう雪はないよ」などという"持って帰れコール"が沸き起こったので、やむなく持って帰ることにしました。

当然自宅へは隠密輸送で運ぶことになるわけですが、別にこれは大した問題ではありません。問題はもう少しで梅雨にでも入ろうかというこの季節。自分の背丈ほどあるボードを持って電車に乗るのはかなり恥ずかしいものがあります。

駅のホームで独り、背丈ほどある巨大なバッグを抱えて電車を待つ私。はっきり言って相当目立ってます。というか、客が私の前を通り過ぎる際チラチラと投げかけてくる視線が痛い。みんながみんなが「何コイツ…」みたいな目で見てきますよ。

やっと電車が来たかと思って乗ってみれば、車内の乗客が好奇心のまなざしを向けてきますよ。「もう雪なんてないのにねー」「キャハハハハ。ボードは4月までだよねー。キモーイ」などという声が聞こえてきそうです。そいつの方に目を向けると、みんな面白いようにうつむいて視線をそらします

お母さん。東京の人たちはみんな冷たいっす………。

或る日常の風景 コメント ( 3 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 1 1

あの企業の黒い噂

2006-05-17 (水)
- 前会社ネタ

※お断り:この噂の真偽は不明です。

今回は弊社ではないあの企業の黒い噂について書こうと思います。

所属する部署の仕事の打ち上げと新人歓迎会を兼ねて、部署内の人間総出で夕方から上野へ繰り出しました。まぁ新人歓迎会ともなれば、当然酒の席で新人の彼はいじられるわけです。

「なぜウチの会社に入ったのか?」「就職活動で他にどんな会社を回ったのか」

など、ある意味で意地悪な質問をするわけです。

弊社を選んだ理由なんて、ほとんどの社員が「最初に受かったから」とか「ここしか受からなかった」などという後ろ向きな回答をするはず。そしてみんなそんな回答が返ってくることを期待して質問しているのだからたちが悪い。

ところが新人の彼は我々の期待を上回る就職活動の話を始めたのです………。

[ 続きを読む ]

前会社ネタ コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元

archives & comments

Month

Comments